お待ちかね、車のリサイクル料

ユーズドカーを売る際の仕方には買取、そして下取のどちらかが存在します。下取りの場合というのは新しい自家用車を買う際一緒にこれまでの愛車を引き受けてもらうというものです。だいたいは新車の販売会社が引き取りを行うため売り値の方はどちらかというと低くなるケースが多いです。

一方、買取のほうは車買取専門ショップがおこなっており、ユーズドカーという名目で売ることを予定に買い取り価格を決めるので、どっちかといえば高プライスでの引取りが期待できるでしょう。何れにしろ車を売却する事であり、売却する前に引受け額を決定するための鑑定がされることとなります。

鑑定を行うさいに気に掛かるのは「リサイクル料」です。ユースドカー見積もりで出される値段としてはクルマそのもののプライス、中古車についてくるリサイクル料や自賠責保険等を含めた金額の二つの種類が御座います。リサイクル料に関してはお車を手に入れたさい、若しくは「リサイクル料」が未納のときには車検を通したさいに支払いとなりますので、後に中古車を廃車にして壊してしまう時必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などリサイクルするためのコストということで使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、壊してしまうケースでJARSから払われることになります。

費用はだいたい、軽自動車だと約8千円、国産車であれば1万円ほど、外国製自動車等であれば15000円程、それとは別に2万円程度を入れる必要性があったりもします。たいがいの中古車買取ですと、こうした「リサイクル料」を自分のくるまのの買い取り金額とは他として引き取りされるという事となるのですが、リサイクル料金を含めて買取プライスとなっているケースもあり、引受けを望んでいる場合は事前にチェックしておくことが大切な事となります。