これが車査定と「修復歴」ってどうでしょう

自分のクルマの売却を依頼した場合には、一番最初に値踏みを受けることになります。その時の査定の方は買い取りの専門店の方が行う訳ですが、オークションマーケットの金額等から計算されることとなります。

大体、古いクルマとして売られている額の2~3割程が買取の値段と言われていますが、評判のくるまであったり、珍しいクルマである時には高い見積金額が出る時もあるようです。他にも、製造年が新しければ新しいほど高く売れます。ただし、そうした買取り価格は車がパーフェクトな状態の場合であり、そうじゃないときには査定は厳しくなります。その中でも修復歴等は見積もりに相当影響してきます。

修理歴とは言っても定義は微妙なところですが、とりあえずくるまの骨格であるフレームの方にまで駄目になっているようなアクシデントを起こしたくるまはこれに当てはまります。この事故歴のあるクルマはいつかなんらかの被害が出る危なさがあるので、買取の値段については短所とされてしまいます。一方、フレームにまで影響がなく、外装を直したくらいなら大丈夫なのですが、ですが修理歴は付くことになります。

無論、修復歴は付くわけですから良くない影響はあるのですが、事故車に比べ低い見積となることは無いです。あと、エンジンなどに問題が起こっている際もマイナスとして審査されますし、通常の点検整備の良し悪しが見積もりに影響されます。

その辺りは傍目にはわからないところですが、鑑定をする買取ショップではキッチリとそのあたりも確認してきます。

いずれにしても修理歴としてはないということがマイカー買取額が上昇させることができるか否かの分かれ目となります。