これは・・・車買取、そしてリサイクル料について

自家用車を売却するときの手順といえば下取りと買取りの両方が一般的です。下取りのケースは次の自家用車を手に入れる時に今までのユーズドカーを買受して貰うというものです。大概ディーラーが引受けをおこなうため金額としてはわりと低く見られることが多いです。

一方で買取りの場合にはクルマ買い取り専門ショップがやっているもので、ユーズドカーとして販売することを予定して買取りの額を決定するので、割と高めの引受けが期待できます。何れにしても自分のクルマのを売る事であり、売り払う前に買い取り額を決めるための値踏みがおこなわれます。

鑑定をしていただくとして気になるのはリサイクル料です。中古車審査で提示される額としてはその自動車本体の金額、自動車についてくる自賠責保険やリサイクル料等々入れた値段の二つの種類が御座います。リサイクル料に関しては中古車を買った時、若しくはリサイクル料が未納のケースでは車検を受けたさいに支払いとなるもので、後にくるまを廃車にして解体処分する場合に必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等々リサイクルするさいの費用として使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体処分する時にJARSから支払されるということとなります。

費用はだいたい、軽自動車だと8000円程、国産車だと1万円くらい、外国製自動車等であれば1万5千円くらい、それ以外で20000円程を入れる必要がございます。大半のくるま引受では、こういったリサイクルの代金を自家用車の引き取り価格とは他のものとして買取されるというような事となるのですが、リサイクルの代金を含めて引受価格だというケースも有り、引受けを望んでいる時にはあらかじめ確認しておくことが大事なこととなります。