そうれ!日本自動車査定協会の取組

古い車の下取や買取の時には、初めに査定をやります。査定というのは、ユーザーから買い取りや下取りの際にフェアな鑑定をするための手続きであり、それにはさまざまな人たちから理解され、かつ認められたやり方で行わないと良くありません。なのですが、客側からしますと、審査がどうやってされているのか正確には存じてなかったり、しっかりした手順でやられているかはどうにも知ることができなかったりもするものです。とはいえ、値踏みというのは中古車の値打ちを決定する非常に重大な過程である為、考え方やその方法に色んなものがあると社会が混乱する要因にもなるのです。

そんな騒ぎを起こさないためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関があり、中古自動車査定制度を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、厳正な査定が拡大するように活動している機関のことで、お客さんが安堵して見積に提出でき、しかも満足のいく結果となる制度作りの取り組みをしています。

具体的な活動内容としては、例を出すとしっかりした査定士を増加させるための試験を行っており、査定協会が行っている学科と技法の研修を受けて頂き、それから「査定士技能検定試験」にクリアすることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として働く為には協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした心得や決まり事をもって私たちのクルマの審査をするのです。つまりはしっかりした見積のための資格を持つ方が評価をしますので、消費者も安心して下取または買取に車を出すことが出来るというわけです。