ついでに車を売る時のローンの残りのこと

中古車買取専業店に値踏みを依頼したものの、分割金を払いきれていない場合も考えられます。こうした時には、売りたいクルマの所有権があなた自身なのか誰かほかの人なのかどうかについてまずはチェックすることが必要となります。

ホントのところ、持ち主に関してどの辺を確認するといいのかと言えば、自動車検査証に載っている名前の方がお車の所有権者ということになります。

お車を購入するタイミングで銀行系の分割払いを設定された時には、こちらの「車検証」に書かれているお名前が自分のお名前となっている訳ですが、ローンを組まれたのがクレジット会社だった場合は氏名がクレジット会社の名前となっております。信販会社で分割払いを組む場合なぜこのような形で信販会社を所有者として記載するのかというと、その理由としては支払いが滞納されたときに、ただちにお車を担保として確保できるようにするためです。

そういった事情により所有者名義が信販会社にある場合はその自動車を自分の都合で売る事は無理なことです。何が何でも売り払いたいなら残債を全部完済するか分割払いの組み替えをすることで持ち主を自分の名前に変更してから売ることが求められます。さりとて実際にこんな事が出来るのは現在持っている資産がたくさんある場合になってしまいます。だとしたらお金がない時はどういったやり方が良いのでしょうか。

そうした場合は、評価を行ってもらった愛車買取り業者に事情を話すと、車の買値から残債分を返済し、所有者の欄を貴方自身のお名前に直していただくことが出来るという訳です。手続きも完全に買い取り専門店に任せることが可能なので心配いりません。