ついでに車買取、そしてリサイクル料ってどうでしょう

車を売却するときの手続きというと買取と下取りの2つが御座います。下取の場合というのはおニューの中古車を買う時、前の中古車を買い取って貰うというものです。たいがいは新車ディーラーが買い取りをするので価格としてはどちらかといえば低くなる場合が多いです。

他方、買い取りの方はユーズドカー買取専業店がおこなっているもので、中古の車として売る事を予定に引受け金額を決定するため、どちらかというと高プライスの買取りが期待できるでしょう。何れにしろマイカーを引き受けてもらうことであり、、売る前に引き受け価格を決めるための値踏みが行われます。

見積もりをしてもらう時に気になるのは「リサイクル料」です。自動車見積もりで出してもらう額というのは自動車それ自体の値段、愛車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料などなど含めた値段の2つの種類がございます。リサイクル料に関しては自動車を購入した場合、または「リサイクル料」が未払いだったケースでは車検の時に支払いになりますので、将来的に愛車を廃車にして解体する場合に必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする際の代金という名目で使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体処分するケースでJARSから支払されることになります。

費用はだいたい、軽自動車だと8千円位、国産車で1万円位、外国の車等で15000円程、それとは別に2万円ぐらいを納める必要が有ります。大概のユーズドカー引き受けでは、そうしたリサイクルの代金を自家用車の買取価格とは別として買取られるというようなこととなるわけですが、リサイクル代金を含んで引き受け値段としてる場合も有り、買取を依頼するケースでは先にチェックしておくのが大切な事となります。