ついにきた、ローンが残っている車の売却ってどうでしょう

中古車買取ショップに値踏みを依頼したものの、割賦払いを払いきっていないケースもあるでしょう。こうした時には、売りたい車の持ち主がご本人であるのか別の人なのかどうかについて取りあえずチェックしておくことが必要です。

実際に、所有者についてどの辺を確認すると分かるかというと、自動車検査証に書かれているお名前の方がお車のオーナーということになります。

愛車を購入するタイミングで銀行などの割賦払いを組んだケースでは、こちらの「車検証」に記載されている名前が自分のお名前になっているのですが、自動車ローンを設定したのが信販系の会社である時には名前がその会社の記載となるはずです。クレジット会社でローンを組む場合に何故こういった形で信販会社を所有者として記載するのかというと、回答としては月賦が滞納されたときに、直ちにクルマを差し押さえて確保できるようにするためです。

そうした訳で持ち主名義がクレジット会社にある場合はその自動車を自分の都合で売る事は無理なことです。とにかく売却したいならまず支払いを完全に終わらせるか、割賦契約の組み換えによってオーナーをアナタの名前に変えてから手放す必要性が出てきます。しかし、実際そうした手続きが可能なのは今お手持ちの資産が豊富にあるケースに限られます。だったら資産がないのであればどのようにしたらいいのでしょうか。

そんな時には見積もりをおこなって頂いたお車買取店に話してもらえると、お車の買取価格から残債分を賄い、所有者の欄をアナタの姓名に直してもらうことができるというワケです。手続きに関しても全てを買取専業店にオマカセできますから心配いりません。