どういうこと?中古車査定と事故歴のことを考えてみた

古いユースドカー譲渡を依頼した時は、初めに査定を受ける事となります。その場合の審査に関しては買取専業店の方がするわけですが、ユーズドカーマーケットの相場などから値段がはじき出されるものとなります。

大体、ユースドカーということで販売されているプライスの20~30%くらいが査定額となっているようですが、好評な車であったり、珍しい車種等のケースでは高い買取額が付くといったケースもあります。他にも、年式が新しければ新しいほど高い金額となります。ただ、そういった査定額はクルマが万全な状態の時であって、万全ではないときだと低い鑑定となります。なかでも修復の跡は買取プライスに結構関係してきます。

修理の跡とは言っても定義があいまいですが、とりあえずくるまの本体であるフレームにまで及ぶような事故を経験したくるまは事故車という事になります。このような事故歴のある車はそののち何か悪い影響が出現する危険性が有りますので、見積ではダメなものとなってしまいます。とはいえ、フレームの部分にまで影響しておらず、外見を修繕した位であればなりませんが、修復歴はつきます。

モチロン修理歴はついてしまいますのでデメリットの影響はあるものですが、事故車よりも査定が低くなることはないでしょう。そのほか、エンジンやギアなどに面倒が起こっている際もマイナスとして鑑定されますし、日頃の整備の良し悪しが査定に影響されます。

そのへんは素人にはちんぷんかんぷんですが、見積もりをする買取専門ショップではきっちりとその辺をチェックの対象としてきます。

どちらの場合でも修理歴としては無いことが古くなった自家用車の見積価格がアップできるかどうかの分かれ目となってきます。