どういうこと?車買取と下取に関して

所有車を手放す場合のやり方には下取や買取といったやり方があります。下取は新しいマイカーを入手したと一緒に、前の所有車を買取りしていただくというものです。それが走行が問題ない状況だったとすればプライスが付くわけですが、とんでもなく古いくるまだった際には反対に処分の為の費用を下さいと言われる時もあると思っておいた方がいいでしょう。

下取の場合は専門のお店が行う訳ではないので、高い値段での放出は無理だと思いますが、次のお車と取り替えるような形で乗り換えを可能であるという良い面があります。その一方買い取りですと、専門の自動車買取ショップに依頼して引き取っていただくものです。手続きがややこしいといった良くない点も有るのですが、買取された車は中古車となって出回るのが元々決定されていますので、割と高い値段での引受けが期待できるでしょう。

買取、下取のどちらであっても手続きの際は色々と書類を先に用意しておく必要があります。その必要書類としては、車検証や納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。さらに実印や印鑑証明と、住民票等も必要です。

買い取りのときは譲渡証明や委任状も使うのですが、これらはお店の方が準備してくれるはずです。手続きを依頼するこちらとしては、車検証、自動車税の納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、住民票と実印あとは印鑑証明書を準備しておきましょう。鑑定時もこれらを確認されるので、失くした際はまた発行していただく事になります。

もし仮に無くした場合でも値踏みそのものはして頂くことはOKですが、その場ですぐの引受けは出来ないので査定金額に何か影響が出ることとなるでしょう。