まさかの中古自動車査定制度の感想、所感

マイカーの下取や買取の時には、最初に査定をさせて頂きます。査定とは、消費者から買い取り・下取時にまともな鑑定をするための手続きであり、それをするためにはいろんな方たちから肯定され、かつ了解された段取りでないとダメなのです。なのですが、客側からしますと、審査がどうやって実施されているのかちゃんとは確認できてなかったり、しっかりした手順で作業されているのかは結構把握することが出来ないケースがほとんどです。とはいえ、査定というのはユースドカーの価格を決断する非常に大事な過程な訳なので、考えややり方にさまざまなものがあると世間がパニックとなる一因にもなるわけです。

そういったパニック状態を発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関があり、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、適正な審査が行われるように機能している機関のことで、お客さんが信頼して見積に出すことができ、そのうえで満足のいく結果となる制度作りの活動をしています。

活動の内容は、例えばまっとうな査定士を育むための検定を実施しており、査定協会がおこなっている学科と技能研修というものを受けて、それから「査定士技能検定試験」に受かることである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、しっかりとした見識や決まり事をもってお客さんの車の鑑定をします。要するにきちんとした査定を行う為の資格を保有する者が評価を実施しますので、私たちも悩まずに下取または買取に車を出すことが可能となるのです。