今回は中古車見積もり時の必要書類のこと

自家用車を売り払いたい際における方法には買取りや下取りというやり方が用意されています。下取りに関しては、おニューの車を入手した時には、それまでお車を引き取ってくれるものです。そのくるまが走ることが出来る自動車であれば値段がつきますが、あまりにも古い車であった場合には廃車にするためのコストを請求されることも考えられます。

下取に関しては、専門業者が引き取るという事ではないので、希望価格での譲渡は厳しいでしょうけど、おニューのくるまと交換をする形で乗り換えが可能といういい面があります。逆に買取ですと、それ専門のユースドカー買い取りの専業店に頼んで買取して頂くものです。そのやり取りがややこしいなどの良くない点も有るわけですが、引取りされた愛車はユーズドカーとなって市場に出回ることが決まっていますから、思った以上に希望価格での引取りが期待できるでしょう。

買取、下取どちらのケースでも契約のさいには色々な書類をまずは用意する必要があります。どんなものが必要かといえば、自動車検査証や車の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。ほかに実印や印鑑証明、住民票なども必要です。

買取りの時は譲渡証明書や委任状等も使うのですが、そのへんは買取専業店で準備してくれます。引受けをお願いするこちらとしては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、住民票と実印さらに印鑑証明書を用意しておきましょう。査定時にもこれらについては見られるため、失くしたケースだともう一度発行してもらう必要がございます。

もし失くした場合でも値踏みだけをして貰うことはオーケーですが、その場で売却は出来ないので見積金額に良くない影響が出ることとなるでしょう。