今日は車買取と下取のことを考えてみた

愛車を売却したい時における方法としては下取りと買取りの手続きが在ります。下取りに関しては、新しい愛車をゲットした場合には、それまで乗っていた自分のくるまを引受けして頂くものです。その車が走行が出来るクルマであれば買値が付きますが、とてつもなく古いくるまであった時には反対に処分費用を請求されるケースだってあるでしょう。

下取りは専門業者が買取りするわけではないので、希望金額での買取りはムリでしょうけど、次の中古車と交換で乗り換えを可能といういい点があります。一方で買い取りの場合は、専業のユースドカー買取り業者に頼んで引取りをしていただくといったものです。その時期が分かりづらいなどの良くない点もありますが、買い取られたクルマはユースドカーとして市場に出回ることが決まっている訳ですから、想像よりも希望するような価格での売却が望めます。

下取であっても買取であっても売却の時はいろいろな書類を用意しておくことが必要となるでしょう。必要書類の種類には車検証の原本と車の納税証明、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。さらに印鑑証明と実印、住民票といったものも必要となります。

譲渡の時には委任状や譲渡証明書も使うかと思いますが、それらに関しては買い取り専門店にて準備してくれるでしょう。売却をお願いするこちらとしては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票あとは印鑑証明を準備しておきましょう。査定の際もこれらに関しては見られるため、紛失しているさいはまた発行する必要があります。

もし仮になくした場合でも査定だけを受けることはOKですが、その場ですぐの売却は行えないため値踏みした金額に悪い影響が出ることとなるでしょう。