使っていた車を売り払う際の段取りについてですが、ここらでしっかりとチェックしておきましょう

不要車を売り払うときの仕方としては買い取り、そして下取りの2つが御座いますよね。下取のケースというのは次の自分の車のをゲットする際にこれ迄の使用した自動車を買取して貰うというものです。殆どは新車販売店が引き取りをおこないますのでお値段としてはどちらかといえば低価格に見られる場合が多いです。

もう一方の買取のケースは中古車買い取り専門ショップが行なっていて、使用ずみの自動車として店頭に陳列することを前提に引き上げ値段を決めるので、意外と高プライスでの買い取りが望めます。どちらにしても使った自動車を売却することであり、売り払う前に引き受け金額を決定するための審査額が行われることとなります。

評定を依頼するさいに気に掛かるのが「リサイクル料」です。マイカーの見立てで出されるプライスとしてはくるまそのものの価格、ユースドカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などなど合計したお値段の2つの種類が存在します。「リサイクル料」はそのマイカーをゲットした際、もしくは「リサイクル料」が未払いだった時には車検を受けた際に支払いとなるもので、将来、中古車を廃車として解体処分するさいに必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などをリサイクルする時のコストということで使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体処分する時JARSから支払われることとなります。

その時の代金はおおよそ、軽自動車で8000円程、国産車で1万円程、外国の車等であれば約1万5千円、それとは別に2万円程度を納める必要性がございます。大抵の中古車引き取りであれば、そうしたリサイクル料金を使用済みの車の引き上げ値段とは別として買い取られるということとなるのですが、リサイクル料を入れて引き受け金額だというケースもあり、見積もりを望んでいるケースではまずはチェックしておくのが肝心です。