使用した車の買上げというのは月賦終了前の場合だったとしてもOKでしょうか?理解しておきましょう

使用ずみの自動車の買い取り専門店に見積りを依頼したはいいけど、ローンを完済できていないなどといった場合もあり得ますよね。そんなケースでは、その売ろうとしている使用していた車の権利が自分自身なのか別な方なのかを最初にチェックしておくことが必要となります。

実際に、所有者について何を見ていけばわかるのかといいますと、「自動車検査証」に記載されているお名前の方がその中古車のオーナーという事であります。

今の車を買った時点で銀行系のローンを設定されたのであれば、こちらの「自動車検査証」に書かれているお名前がご自身のお名前となっていると思いますが、そのローンを設定されたのが信販会社などのケースではお名前がそこの名前になっております。クレジット会社で割賦契約を組む場合なぜこういった形でその会社を名義人として記載しているかと言えば、その理由は返済が止まったときに、すぐにそのマイカーを担保として確保することを考えているからです。

そうした事情から所有名義が信販会社にあるケースではそちらの愛車を好き勝手に売ってしまう事は出来ません。それでも売り払いたいなら支払いを全部返済するか月賦の設定し直しをすることで名義人をご自身の氏名に変えた後で手続きする必要があります。さりとて現実にそんな事が出来るのはその時の持っているお金がとても多いケースになってしまいます。それでは資金が不足しているならどんな方法を取るのがいいのでしょうか。

そうした時には品評をしてもらった使用した車買取専業店に相談すれば、古い自動車の買取価格から残債の支払いの分を賄い、名義を自分の氏名にチェンジしてもらうことができるという訳です。手続きについても全部買取店に任せることができますので大丈夫です。