例の買取や下取り・リサイクル料のこと

自動車を売り払うさいの手段としては下取と買取の2つが御座います。下取りのケースというのは新しい車をゲットする時、これ迄の愛車を買い取っていただくというものです。主として販売会社が買取りをするため価格のほうはわりと低めになるケースが多いです。

一方で買取りのほうは自動車買取専門店が行っているもので、中古車として店頭に出すことを予定に引取り額を決めるので、やや高目の買取が期待できるでしょう。どっちにしても自動車を売る事であり、売却する前に買取り金額を決めるための値踏みが行われます。

値踏みをして貰うさいに気になるのはリサイクル料になります。自動車値踏みで示される値段としてはその自分のくるまの本体の額、ユースドカーについてくるリサイクル料とか自賠責保険などを入れた額の2種類があります存在します。リサイクル料はお車を買ったさい、もしくは「リサイクル料」が払われてなかったケースでは車検を受けたケースで支払いとなりますので、のちに自分の車のを廃車にして解体処分する場合に必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等リサイクルするさいの費用という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、壊してしまうさいにJARSから支払われるということになります。

料金は、軽で8000円くらい、国産車で10000円位、外車等で15000円位、そのほかで2万円程度を入金する必要が有ります。たいていのくるま引取りでは、そういった「リサイクル料」を愛車の引き受け金額とは他として買い取られることになるわけですが、リサイクル料をいれて引受けプライスとしている場合もあり、引取りをお願いするさいにはまえもってチェックしておくのが大切です。