話題のローン中の車売却のことを考えてみた

マイカーの買取店に評価を頼んだものの、割賦払いを完済していないケースもあり得ますよね。そういったケースでは、売却希望の愛車の持ち主があなた自身なのか別の方なのかどうかについてとにもかくにもチェックする事が必須です。

ホントのところ、持ち主に関して何を見たら分かるかというと、「自動車検査証」に載っているお名前の人が自動車の所有権者ということになります。

愛車を買った時に銀行等が提供するローン支払いを組まれたケースでは、この「自動車検査証」に載っているお名前がご自身のお名前となっているのですが、自動車ローンを組まれたのがクレジット会社などのケースでは名前がそちらの記載になっている訳です。信販会社で分割払いを組む場合どうしてこのような形でクレジット会社をオーナーとして記載しているかと言えば、回答としては支払いが滞納された場合に、ただちにマイカーを担保という形で確保することを考えているからです。

こうした事情から所有権がクレジット会社となっているケースではそちらのお車を自分勝手に売ることはできないのです。とにかく手放したいならまず返済を完全に終わらせるか、支払いローンの組み替えをして所有者を自分の名前に変えた後で売却をすることが求められます。さりとて実際問題そういった手続きができるのはその時の手持ちのお金が沢山ある場合に限られます。だったらお金が無い人はどのようにしたら良いのでしょうか。

そんなケースでは鑑定をやってもらった中古車買い取りのお店にご相談いただけると、クルマの買い取りの値段から残りの返済分をキレイにし、オーナーをあなたの姓名に変えて貰うことができるという訳です。手続きについても全部買取り業者にオマカセできますから問題ないです。